映画・ドラマ

3年a組(3aドラマ)の原作やあらすじは?ネタバレや感想も紹介!

カメレオン俳優である「菅田将暉」さん、彼の作品は毎回注目を集めています。

菅田将暉さんが主演を務める「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(略して3A)が、2019年1月から日テレ系で毎週日曜よる10:30〜スタートします。

今回のドラマでは3年A組の担任兼、犯人の役を勤めます。

クラスを全員人質にする担任の菅田将暉、一体何が目的なのでしょうか・・・謎多きサスペンスドラマです!

今回はドラマ「3年A組」に原作があるのか、またあらすじやネタバレ、そしてその口コミや感想をご紹介いたしますね。

3年A組のあらすじを紹介

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」は2019年1月から始まる日曜ドラマです。

そんなドラマの紹介を主演の菅田将暉さんと永野芽郁さんがTwitterで上げていました。

  • 菅田将暉=教師兼、犯人
  • 永野芽郁=委員長兼、人質

そして3年A組で今まで普通に授業を受けていた生徒たち・・・彼らに悲劇か起きたのは卒業が迫る10日前のことでした。

あらすじ

卒業まで残り10日、生徒たちは10日後には平穏な高校生活はに幕を閉じる・・・はずだった。

しかし教師は、担任生徒29人を集めて、突然こう告げた。

「今から皆さんは・・・僕の人質です」

その瞬間、鳴り響く爆発音!

言葉やその爆音の意味がわからず、騒然とする生徒たち。

『教師=生徒』の関係は一瞬で『犯人=人質』へ変貌を遂げる。

この瞬間から教師と29人の人質生徒による、『最後の授業』が始まった。

最後の授業とは一体何なのか。

その内容とは?

授業の内容は、数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』についてだった。

その生徒の死は不可解な謎を残していたのだ。

  • 遺書もない
  • 何かを告げることもない
  • 突然この世を去った理由がわからない

29人の生徒は1人の教師に人質に取られ、命を危険にさらされた時、生徒たちはこれまで自ら蓋をして、目を背けていたその『真実』と向き合うことに。

●なぜ、その生徒は突然命を落としてしまったのか

●なぜ、この教師はこんな形で最後の授業を行うのか

謎と事件が連鎖的に絡み合う、一人の教師の『最後の授業』

たった10日間という日々を描き、死ぬ気で生きる人々を紡ぐ超限定的連続ドラマ!

斬新で先が気になる学園ドラマです。とにかく先や結末が気になって眠れない!!

3年a組のフル動画を見たい方はHuluで無料視聴できますよ♪

無料登録で14日間のトライアル期間がありますので、それを利用するとHuluで用意されている動画がすべて無料で見放題!

▶詳しくはコチラをチェック◀

原作はあるの?

ドラマにはたいてい「原作」というものが存在します。

2018年に山田孝之さんと菅田将暉さんがダブル主演を果たした「dele」では、原作が小説だったのですが、その小説自体も「山田孝之と菅田将暉をイメージ」して描かれたものだったんです!

▶deleの動画が初回無料登録で全話イッキ見できるのは「Hulu」

小説のときから彼らのコラボが予定されていたなんて凄いですよね!

原作は小説だったり漫画だったり、その形は色々です。今回注目を集めている3年A組にも原作があるのではないかと思い、調べてみました。

「3年A組」は、原作が存在しない、ドラマのために書き下ろされた作品なのです。

脚本はこのツイートをした武藤将吾さん

この方は今までに色々な人気ドラマを生み出した方でもあります。

  • 「電車男」
  • 「花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜」
  • 「怪盗山猫」

どれも見た頃あるモノですね!

ちょっと気になるのが、武藤将吾さんの作品を見ると、恋愛だったりコメディなどの、心がほんわかするような内容のものが多いことです。

しかし、この3年A組は見るからにシリアス&ミステリーの雰囲気・・・一体どんな作品なのか気になる!!

▶1話の朝の体操で爆笑w!流石です!その動画を紹介♪

ネタバレや感想も紹介

ここでは、その話数ごとのネタバレをご紹介していきます。

  • 教師は一体何がしたいのか
  • 命を落とした学生が亡くなった理由は?
  • 委員長が学校を楽しめない理由や過去に隠されたこととは?

はじめから謎が多い作品ですね。

まだ最終話まで撮影が終わっていない作品ですが、1話ごとにネタバレを更新していきますのでお楽しみに!

ということで、あらすじを見た感じの私の結末予測タイムといきましょう!

※見たくないという方は下にスクロールしてください♪

学校の教師、そして生徒を巻き込んでの事件、学校を題材にしたミステリーはこれまでに何作か出ています。

有名所で言うと「告白」ですかね。

女性教師の家族が実は生徒たちに殺されていて、先生はその復習を果たす・・・というストーリーでした。

私がこの作品の粗筋を見て思い出した作品がもう一つ・・・あの「リアル鬼ごっこ」を書いた作者の作品の「パズル」

あれも学校物で生徒は構内に隠されたパズルのピースを完成させていかなければ死んでしまう、そんなストーリです。

ただ、今回の脚本家は、そんなダークな感じではなく、どちらかと言うと「皆に何かを感じてほしい」という明るい気持ちで本作品を作っているのではないかと予想しています。

また、委員長の学校を楽しめない暗い過去、つまり「いじめ」

そして亡くなった生徒もそのいじめに関係あるのでしょう。ただ気になるのはこの亡くなった生徒は暗い方ではなく、スター的存在だったと記されています。

そうなると、ちょっとこの予想は外れてくるのかな?

その亡くなった生徒と教師の関係も気になるところです。一番ありそうなのは「血縁関係者だった」という流れ。

つまり、教師は血縁関係に合ったその生徒を失うが、それをなんとも思わないクラスメイトたちに復讐心と反省してほしいという気持ちでこの「最後の10日間の授業」を開始した・・・そんな話になるのではないかと想像しています。

実際はどうなんでしょうね!もうすぐ放送開始です、お楽しみに!

期待度も高い!

この作品は、菅田将暉さんや永野芽郁さんが主演を務める上に、あらすじも面白いと注目度が高いです。

まずは菅田将暉さんや永野芽郁さんの、この作品に対してこのようにコメントを見ていきましょう。

【菅田将暉さんのコメント】

初めての教師役を演じさせてもらうことになりました。
高校時代、実際に教師を目指していた時期があり、役者になってからも、いつかは演じてみたいと思い描いていたので、今回それが叶い、大変嬉しいですし、光栄に思っています。
高校生役はこれまでも様々な作品で演じさせて頂きましたが、25歳という今の年齢で、教師という視点で、「学校」を見ることが出来るのは非常に楽しみです。僕が学生だった頃とも生徒同士、生徒と先生の空気感や距離感も変わってきていると思うので、できれば撮影前に高校にも出向き、実際の空気を肌で感じ、現役の先生方の話などを聞いて、リアルな教師像をリサーチし体現していけたらと考えています。
「今という時代」や「僕らが思っていること」をリアルに表現することで、後の世代の人にとっても、この時代ならではの教師像を映像として残せればと思っています。かなり謎めいた役柄ではありますが、日曜日が楽しみになる時間を作れるように頑張ります。

引用元:https://www.ntv.co.jp/3A10/

【永野芽郁さんのコメント】

卒業を直前に控えた高校3年生のヒロインを演じさせていただくことになりました。
今回、演じる役柄は、私の「素」の部分とは大きく違い、内向的な性格です。
高校生を演じることについては、最近(今年の3月)まで学生だったので不安はありません。私自身、卒業までの10日間は仕事で高校に行けなかったので、もしやり直せるとしたら、制服を着て、いつもの通学路を友達と笑いながら帰りたいですね。
今回は菅田さんが演じられる先生がどんな風になるのか想像もできないので、撮影がとても楽しみです。
若い世代の方には今の自分と重ねながら見れる物語だと思いますし、それ以外の世代の方には、過去を思い返して、自分がなぜこの立場にいるのかなどを考えさせられるような物語だと思います。見る方それぞれに違ったメッセージを届けられるドラマになると思いますので、楽しみにしていてください。

引用元:https://www.ntv.co.jp/3A10/

他にも3年A組の予告を受けた方々の反応を見てみましょう!

キャストが豪華で楽しみ!という声が多いですね!

確かに、主演の方以外にもクラスメイトにジャニーズさんや可愛い女優さんがいますね。

ファンの方歓喜!毎週が楽しみになルコと間違いなしです♪

まだ予告が出たばかりなので、もっと情報が出ましたら追記していきますね。

まとめ

今回はドラマ3年A組のあらすじや口コミについて調べていきました。

1月から始まるということで、今から期待度高めな感じですね!

あらすじも作り込まれていて、脚本家もこれまでに様々な名作を作り出してきた方なので期待は更に高まります!

ネタバレについては毎話更新していきますのでお楽しみに♪