芸能人の恋愛遍歴

【2019最新】明石家さんまの恋愛遍歴や性格は?歴代彼女や熱愛情報まとめ

昭和から平成、そして令和でもお笑い界の第一線で活躍している明石家さんまさん

常に笑いを求めている姿勢が多くの人から人気を集め、お笑い怪獣とも呼ばれています。

そんな明石家さんまさんですが、現在の恋愛の方はどうなんでしょうか?

あの有名女優・大竹しのぶさんとの離婚が最も印象に残っていますが、実は彼女以外にも多くの女性との熱愛情報がありました!

今回はそんな明石家さんまさんの恋愛について、まとめて紹介します!

おしゃべりねこ
おしゃべりねこ
さんまさんはしのぶちゃんとの離婚のイメージが強いけど、実は他の芸能人との熱愛情報も多く出てるんだぜ。

まずは明石家さんまの歴代彼女の噂を時系列で並べてみた

歴代彼女

・1980年代:研ナオコ(歌手)

・1986年:石原真理子(女優)

・1988年:大竹しのぶ(女優)

・2010年:中越典子(女優)

・2011年:五月みどり(歌手)

・2013年:紗倉まな(セクシー女優)

・2013:優希まこと(元セクシー女優)

・2013年:剛力彩芽(女優)

・2014年:田中優衣(経営者)

・2017年:加藤綾子(フリーアナウンサー)

おしゃべりねこ
おしゃべりねこ
こんなに多くの女性と噂が出ているとは!お笑いだけでなく恋愛でもうまくいってるなんて、さすがだな。

明石家さんまの熱愛報道を時系列順に紹介

さんまさんは大竹しのぶさんとの離婚が最も有名ですが、こんなにも熱愛が報じられていたのは意外ですよね。

さんまさんはお笑いだけでなく口説くのも上手なのでしょう。

ここでは、熱愛騒動が出た方噂になった方達を一人ずつご紹介します!

①研ナオコ(歌手)

今から30年以上前に、研ナオコさんとさんまさんには、熱愛の噂がありました。

しかし、実際は恋愛関係には発展していません。研ナオコさんがバラエティ番組「おかべろ」で、さんまさんとの熱愛の噂について、話しています。

「(会う前から)ずっと気になってた人。何かの番組で一緒になったとき、ずーっとしゃべってるの。この人、うるさいって」(関西テレビ「おかべろ」)

研ナオコさんは、さんまさんのことをずっと気になっていたとおっしゃっています。しかし、それは恋愛感情ではありません

恋愛関係については研ナオコさんが、はっきりと否定しています。2人は仲が良くても友達としてであり、恋愛とは別物なのです。

ただ、一方でさんまさんの方はどうだったんでしょうか?

それについては、さんまさんと研ナオコさんと長年の仲である村上ショージさんが、このように言っています。

「(2人が)できてるっていうのは…、どうなんやろうな。さんまさんと研さんって、もし結婚してたら合うんちゃうかな。さんまさんも研さんのことをすごく好きだったと思います」(関西テレビ「おかべろ」)

さんまさん本人の発言ではないので、実際はどうなのか気になりますね。

ちなみに2人は過去に同じマンションに住んでいたこともあります。同じマンションに住んでいるうえに仲も良かったので熱愛の噂に繋がったのでしょう。

②石原真理子(女優)

1980年代に一世風靡を巻き起きしたドラマ「ふぞろいな林檎たち」に出演していた女優の石原真理子さん

そんな石原真理子さんがさんまさんと過去にお付き合いをしていたことを自身の本で暴露しています。

石原さんは2006年に自叙伝である「ふぞろいな秘密」という本を出版し、話題を呼びました。

そして、その本の中で、さんまさんとの熱愛について赤裸々に語っています。

「セックスは淡白。ベッドの中でもいたって普通の男性」(「ふぞろいな秘密」双葉社)

こんな赤裸々な話を暴露されたら、さんまさん側からしたらとても恥ずかしいですよね。これは、あのさんまさんでも、さすがに恥ずかしい思いをしたと言っているほどです。

しかし、さんまさんは日本を代表するお笑い芸人です。たとえ石原さんの自叙伝で暴露されていじられても、それをネタにして笑いを取っていました。

お笑い怪獣と言われているさんまさんだからこそ、自身の恥ずかしい暴露話もネタにできるのです。芸人さんとしてはさすがですよね。

③大竹しのぶ(女優)

大竹しのぶさんとの結婚は誰もが知っている有名な話です。

2人は1988年に結婚され、その後、お子さんも授かりました。お子さんはタレントとして活躍しているIMALU(いまる)さんです。

いまる」という名前の由来は、さんまさんが生きてるだけで丸儲けという言葉から付けたと発言しています。これは有名な話ですよね。

大竹しのぶさんは過去に一度、TBSでディレクターを務めていた服部晴治さんと結婚されており、お子さんもいました。

しかし、結婚してすぐに服部さんが胃がんになってしまい、結婚から3年後の1987年に亡くなってしまいました。

そして、その1年後、さんまさんとの熱愛が報じられたのです。

最初、大竹さんは、服部さんが亡くなってかなりショックを受けていましたが、その傷を癒したのがさんまさんでした

生前からさんまさんと、元の旦那の服部さんは交流があったのですが、服部さんは亡くなる前に、さんまさんに手紙を書いていたことが最近、番組でわかったのです。

その内容は、「しのぶのことをどうぞよろしく」というものでした。

この手紙を受けて、さんまさんはしのぶさんのことを気にするようになり、毎晩しのぶさんに電話をかけていました

そこから、2人は親密な関係に発展していくのです。さんまさんの優しさにしのぶさんが惹かれて再婚を決めたのでしょうね。

2人は1992年離婚してしまいましたが、今でもバラエティ番組で共演するなど仲は良いです。

2017年には大竹さんがアルバムを出しましたが、その中に収録されている「キライナヒト」という曲では、さんまさんとコラボしています

離婚しているのにも関わらず、共演していることから、家族としては本当に仲が良いことがわかりますね。

2人はこの仲の良さから、よりを戻すのではないかと何度も言われていますが、今のところ、よりを戻すことに関しては本人たちは否定しています

今後、さんまさんとしのぶさんは、よりを戻すことはあるのでしょうか?気になりますね!

④中越典子(女優)

2010年に一部の夕刊誌で、さんまさん中越典子さんの熱愛が報じられました。2人は極秘で交際していると、中越さんの友人の方が取材で話しています。

「さんまさんと中越は、3年くらい前から付き合ってますよ。彼女も30歳。さんまさんとの結婚を考えているかもしれませんよ」(中越さんの友人への取材にて)

2人はさんまさんのバラエティ番組「あっぱれ!さんま新教授」で共演したのをきっかけに交際が始まり、報道される3年前から付き合っていると友人の方が発言していました。

中越さんの友人の方が取材に応じているので、2人の熱愛は確実かと思われていましたが、中越さんは取材で、さんまさんとの熱愛を完全否定しています。

2人は番組で共演して以来、食事に行ったり中越さんの舞台をさんまさんが観に来たことはありますが、デートしたことはないとラジオ「MBSヤングタウン」で否定していました。

また、さんまさんと中越さんの結婚騒動も出ましたが、これに関しても中越さんが完全否定しています。

中越さんは2014年に俳優の永井大さんと結婚されたので、現在はさんまさんとの熱愛関係は一切報じられていません。

当時から熱愛は噂だけであり、実際に付き合っていた可能性は低いでしょう。

⑤五月みどり(歌手)

五月みどりさん結婚を3回され、離婚もされています。そんな五月さんとさんまさんの熱愛が2011年に週刊実話によって報じられたのです。

記者の方によると、さんまさんから五月さんに必死でアプローチをし、真剣に交際を申し込んだと言っています。

そして、五月さんも、さんまさんの熱意に負けて交際を決めたと記事には記載されています。しかし、実際はどうなんでしょうか?

さんまさんは、五月さんに結婚を前提に交際を申し込み再婚説も噂されていましたが、現在は全く2人の噂はありません

もし結婚したら、五月さんは4度目の結婚になり、さんまさんは2度目の結婚ということになります。なんだか複雑ですよね。

交際していたかは定かではありませんが、五月さんはさんまさんより16歳も年上なので、結婚の可能性は低いでしょう。

紗倉まな(セクシー女優)

さんまさんは、セクシー女優として人気を集めている紗倉まなさんとも熱愛が報じられました。

2013年10月18日のフライデーによると、紗倉さんとさんまさんが、高級焼き肉店で密会していたことから始まり、その後も高級中華料理店に2人でいたとスクープされています。

この取材を受けて、紗倉さんは、さんまさんと連絡先を交換したことや、週1回デートをしていることを認めました。

しかも3回程デートをした紗倉さんが言っています。つまり、週刊誌が報じた焼き肉店、中華料理屋以外の場所でもデートをしていたということになるのです。

紗倉は、昨年夏に放送された『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)内のコーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」で、さんまが「ラブメイト(お気に入りの女性)」として名前をあげた一人。「実はさんまさんは非常に積極的で、27時間テレビの放送後に紗倉のイベント情報を聞きつけて現場に乗り込み、連絡先を書いたメッセージを渡して帰ったそうなんです」(芸能記者)

どちらかというとさんまさんが積極的だったようですが、熱愛に関して紗倉さんは質問されても誤魔化しており、結局何も言っていません。

つまり、食事デートはする仲でも、そこまでの親密な関係ではないということがわかりますね。

紗倉さん側のハニートラップではないかとも噂されています。芸能人の方にとってハニートラップは恐ろしいものですよね。

優希まこと(元セクシー女優)

紗倉さんとのフライデーが報じられてからわずか1か月後、今度はさんまさんと別の女性の熱愛の噂が報じられました。

その相手は、以前セクシー女優として活躍していた優希まことさんです。

さんまさんは、27時間テレビのラブメイトという企画で、自身の好きな女性を発表しているのですが、その中に、紗倉さん優希さんの名前がありました。

つまり、さんまさんは自分の好きな女性を本当に狙ったということになるのです。

そしてフライデーの内容ですが、なんと優希さんがさんまさんの自宅に入っていく写真が掲載されていました。

自宅に招き入れるということは、かなり信憑性が高いですよね。しかも優希さんは慣れた様子で入ったそうで、何回も自宅を出入りしている可能性が高いと言われています。

さんまさんと優希さんは、メールでやり取りをしているうちに、食事などにも行くようになり、その後、自宅に招かれるまでの関係になりました。

優希さんがさんまさんの自宅に出入りを繰り返し、泊まっているということは、かなり親密ですよね。

さんまさんはこの報道を否定していないので、関係を持っていたことは事実です。ただ、優希さんとの関係に関してもハニートラップではないかと噂されています。

短期間で2回もハニートラップに引っかかってしまうのは、さんまさんにとってはつらいですよね。

しかし、このハニートラップに関しても、さんまさんはネタにしています。さすがお笑い怪獣と言われるだけあります。

剛力彩芽(女優)

27時間テレビのラブメイトという企画で、さんまさんの好きな女性として3年連続で選ばれた剛力彩芽さん。

連続で選ばれていることから2人の熱愛が噂されました。しかし、実際は熱愛関係は全くありません。

さんまさんは、剛力さんのことがすごく好きで、番組でも剛力さんのことをべた褒めしていました。

しかし、剛力さんは2018年にファッション通販サイトZOZOTOWNの前澤社長との交際を発表しましたよね。

さんまさんはこれを受けて、番組でもかなりショックを受けていました。つまり、剛力さんとさんまさんの熱愛は全くなく、さんまさんの一方的な想いだったのです。

田中優衣(経営者)

2014年、さんまさんの熱愛をまたしてもフライデーが報じました。今度の相手はアパレル業を経営している田中優衣さんです。

最初、報じられた時は田中さんは一般女性と紹介されていましたが、その後、田中さんの名前が公表されました。

田中さんは、水着などを中心に取り扱っている「MAKARA」というブランドを経営している女社長です。

食事の席で一緒になったことをきっかけに、さんまさんから声をかけて親交が深まったと誌面では報じられています。

田中さんは取材に対して、さんまさんのことが大好きであることや、一緒にいると落ち着くなど、まるで、付き合っているのを認めるかのように話していました。

この、田中さんの発言からして、2人の熱愛の可能性は高いと噂されるようになりますが、田中さんは後から売名行為だったのではないかと言われるようになります。

これは、田中さんが報じられた後にグラビアデビューしたことが原因です。

また、アパレルも経営しているので、これらのPRのために、さんまさんとの熱愛を売り出したと言われているのです。

「『フライデー』の報道以降、田中さんのブログのアクセス数は急増。彼女が社長を務めるブラジリアンビキニブランド・MAKALAは、広く知られることとなりました。水着業界は、6月から書き入れ時。また、W杯開催でブラジルが注目されているこのタイミングで、田中さんが会社の広告塔としてグラビアを披露したことで、売名疑惑は極めて濃厚なものになりました」(芸能ライター)

さんまさんは、この熱愛報道に対して、完全に否定しており、記者に怒鳴り散らしたほど田中さんとの記事に関して怒っていました。

さんまさんが怒るということは、記事に対してよっぽど許せなかったのでしょう。このことから、さんまさんは田中さんには恋愛感情が全くないということがわかりますね。

また、田中さんとの熱愛は報じられているものの、実際の写真などは掲載がありません。

田中さんは好意を寄せていたかもしれませんが、さんまさんの気持ちは、本気ではないことは確実なのです。

⑩加藤綾子(フリーアナウンサー)

2017年、今度はフリーアナウンサーの加藤綾子さんと、ニューヨークでの密会デートが報じられました。

2人は「ホンマでっかTV」で司会を務めているので、親交が深いのはわかりますが、熱愛まで報じられたのは衝撃でしたね。

しかし、これに対し、2人は完全に否定しています。

さんまさんは、ラジオ「ヤングタウン土曜日」で、報道について発言していますが、食事を共にしただけだと言っています。

ちょうど、さんまさんと加藤さんは休暇が重なっており、しかもそれぞれで、ニューヨークに行くことが決まっていました。

その際に、フジテレビのスタッフの方が加藤さんとの食事をセッティングしたことで、ニューヨークで会ったと言っています。

そしてその時に、写真が撮られてしまい、熱愛が報じられたのです。

さんまさんは、元々加藤さんにニューヨークに行くことを伝えていたのですが、加藤さんの方は伝えておらず、スタッフの方が食事をセッティングしたことで知りました。

かつて、さんまさんは加藤さんにアプローチしていたとも噂されています。なので、後から知った時はショックを受けたとの報道も。

女性誌にも報道されたが、昨夏、加藤はさんまに伝えずフジテレビ時代の同僚、椿原慶子アナとニューヨーク旅行。不幸にもさんまが仕事で来ており、秘密旅行がバレて現地で「何で教えへんのや」などと説教されたという。「カトパンは今年4月にドラマで女優デビューしていますが、それも事前にさんまには教えず、後でネチネチ言われたそうです。彼女にすれば『恋人でもないのに、何なのよ』という感じなのです。恋愛に年齢は関係ないとはいえ、ちょうど30歳差。さんまの方が恋愛感情を公言するのは情けない」(女性誌記者)

さんまさんと加藤さんとの熱愛に関しては、食事を共にしただけで実際には何もないことがわかりましたね。

明石家さんまの恋愛観と性格について

さんまさんは色んな芸能界の女性と噂されていることがわかりましたが、その女性のタイプは様々。

恋に勉強なんてないんや。勉強したつもりでも、新しい恋が始まって気が付いたらまた何にもわかってない自分がおる。それが恋ってもんや

という恋の名言を残すほど、数多くの恋愛を経験されているようです。

おしゃべりねこ
おしゃべりねこ
「人を好きなまま死にたい」っていう名言もあるぜ。

恋愛対象は年齢にこだわっていないということがわかりましたね。

紗倉さんや、優希さんは娘のIMALUさんよりも年下ですが、一方で五月みどりさんはさんまさんよりも16歳も年上です。

さんまさんは年齢に関係なく、好きな女性ができたら猛アタックしているのでしょう。

そんなさんまさんですが、実は過去に2人だけ再婚を考えた一般女性がいました。

こちらは2018年に放送された「ホンマでっか!?TV」での発言です。

後輩のブラックマヨネーズ吉田敬から“真剣に再婚を検討した女性はいるのか?”との質問が浴びせられると、「2人いる」と回答し、続けて「名前を言っても分かんないと思いますよ。一般の人、一般の人」「俺もう芸能人とは絶対に付き合わへん。まじで面倒くさいわ、芸能人は」などと説明。また、その2人の女性と再婚できなかった要因としては「向こう(の女性)が頑張ってくれへん。俺と恋愛するには頑張りが必要やねん。ちょっとの」とし、相手女性の“忍耐”が不足していたとの見解を示している。

この発言は当時女性ファンからの反感を買いましたが、「俺と恋愛するには頑張りが必要」というのは確かにその通りだと思います。

さんまさんは「芸能人は嫌だ」と言っていますが、芸能人並みの忍耐力がない限り彼のパートナーは務まらないような気がしますね。

この二人からは振られたそうで「失恋した」とのことですが、いつものごとく熱愛報道が出ていないので、さんまさん的にはかなり真剣にお付き合いをされていたのではないでしょうか。

想像することしかできませんが、さんまさんといえば「面倒見の良いお人好し」。

なんだかんだ恋愛や家族よりも仕事や仲間を優先し、それゆえにパートナーのことは後回しになってしまうような気がします。

それに耐えられる忍耐力がない限り、彼の隣にいるのは難しいのかもしれませんね。

セクシー女優との熱愛報道は相手側の売名行為の印象が強く、さんまさんの一方的な好き好きアピールによる報道もどこまでが本当なのか定かでない点もありますが、それを全て笑いのネタにするのもさすがです。

おしゃべりねこ
おしゃべりねこ
笑いのネタにされる覚悟もないと、さんまさんの側にはいられないな(笑)

個人的には大竹しのぶさんとの復縁が一番しっくりくるのですが、また世間を賑わせる大報道があるかもしれません。

明石家さんまのプロフィール

・本名 杉本高文(すぎもとたかふみ)

・生年月日 1955年7月1日

・年齢 64歳

・出身地 奈良県

・身長 172cm

・血液型 B型

さんまさんは、学生時代から人を笑わせることが大好きな方でした。そして、1974年2月に落語家の笑福亭松之助さんのところに弟子入りしています。

当初、さんまさんは落語家だったのです。

弟子入りした当初、さんまさんはまだ高校3年生でした。芸名も笑福亭さんまという今とは少し違った芸名です。

ちなみに、さんまの由来は、実家が水産加工業を営んでいたことからきています。

1976年、さんまさんは初めてテレビ出演を果たすのですが、その際に、初めて明石家さんまという芸名で出演します。ここから、明石家さんまとしての芸能人生が始まったのです。

さんまさんは、落語家ではなく、漫談家として活動するようになったのですが、そこで多くの賞を取ることになります。

1982年に花王名人大賞で新人賞を取り、他にも、日本放送演芸大賞ゴールデン・アロー賞など多くの賞を獲得していきました。

そして、テレビでも多くのバラエティ番組に出演し、64才になった現在も多くのレギュラー番組を抱えています。

若手芸人の勢いに負けることなくお笑い界の第一線で活躍しているさんまさん。これからも活躍していくことでしょう!

まとめ

今回は明石家さんまさんの恋愛について、説明しましたがいかがでしたか?

さんまさんは、多くの女性との熱愛が噂されていることから、モテる人であり、恋愛対象に年齢関係なく好きな女性ができたら積極的に動く方ということがわかりましたね。

そんな明石家さんまさんの恋愛をまとめると

恋愛スタイル

・モテている

・女性には優しくする

・恋愛対象に年齢は関係ない

・ハニートラップなど騙されやすい一面もある

・著名人との交際が多い

・好きになったら積極的

という感じでしょうか。

さんまさんは、現在64才と還暦を迎えていますが、度々熱愛騒動が出ているので、また新たな熱愛情報が出るかもしれません。

次はどんな女性と噂されるのでしょうか。

それとも大竹しのぶさんとの復縁か、そのあたりも注目すべきポイントですね♪