漫画

骨の髄まで私に尽くせ最終回のネタバレは?さやかと一樹の結末も

コミコでも人気の高い、「骨の髄まで私に尽くせ」を最新話まで読み終わりました!

怒涛のごとく読んでいたのですが、読んでいくとこれまた全然最初とイメージが変わってきて・・・。

最初はメンヘラ女とゲス男のどろどろしたお話かと思いきや、読むごとにどんどんさやかがただのメンヘラ女でないことが明らかになっていきます。

さやかの本当の目的とは・・・?少しずつ分かる真実に鳥肌ともやもやが止まらない!

骨の髄までは最終回まで終わった?

2019年2月5日現在、骨の髄まで私に尽くせはCOMICOで49話まで進んでいます。

まだ結末は見えてきていませんが、展開がだいぶ変わって、ここ数話でさやかがどんどん攻めてきます。

最終話まではまだ終わっていませんし、実は、また新しい罠を裏で仕掛けようとしているさやか・・・30話を過ぎた当たりからどんどん物語が展開して、面白くなってきました!

最終回もまだ見えてきませんが、いま山場な感じがします。

では、いま出ている最新話までのネタバレを見ていきましょう。

最新のネタバレも紹介

ここ数話でかなり面白いことになってきました!

ヲタ美
ヲタ美
ただのリストカットして、依存しまくりの怖い女性と思っていたさやかの本性がどんどん出てきて・・・ストーリーに深みが出てきたよ!

まずは新しいキャラも出てきたので、その紹介も簡単にしていきます。

登場人物

さやか

依存症でリストカットする女性、一樹につかずいた本当の理由は・・・?

一樹

さやかのことを昔救えなかったことで罪悪感を持っていた一樹は、さやかに振り回されることになる・・・女性目線で見ると「アホな男」の一言に尽きる

美奈子

一樹の嫁。強気でサバサバした女性だが、一樹や娘が好きなのが伝わってくる。だからこそ市庁舎的には一樹とさやかの不倫が許せなくなる(笑)

さやかとは面識あり(というか友だちになった)

2人目妊娠中。

娘ちゃん

一樹と美奈子の可愛い娘。さやかに懐いていたが・・・キーマンになるかも?

早川ミサ

さやかのことを学生時代いじめてきた不良、一樹を脅して学生時代にエロスなことをした経験あり。婚約していた。

ネタバレ

男心を心得ているさやかにとって、一樹を振り回すのは簡単なことだった。

さやかが独立できるようにと一樹はさやかの仕事を探してあげるが、「いつも変な男に捕まる(作戦)」さやかを心配して、目の届く自分の会社に入社させる。

そこでさやかはフラフラいろんな男に愛想振りまいては、一樹をもやもやさせ、ここぞという時に必殺技の「無垢な笑顔」と「泣き顔」を見せて一樹の心を離さない。

(一樹がムラっとするたびに、私はイラってするw)

ヲタ美
ヲタ美
一樹は惚れた弱みなのか、昔さやかがいじめにあったのを助けられなかった罪悪感なのかいっつも気にしてるよね。にしても振り回され過ぎの一樹にイライラする!笑

そんな不倫関係が続いていたが、同窓会に呼ばれた一樹はそこでミサと再開する。

さやかをいじめたり、自分の貞操を奪ったりと彼女に嫌悪しか感じていない一樹は、婚約者がいて幸せそうなミサを無下に扱う。

しかし、ミサは案外一樹のことが気に入っていて、引っ付こうとする。

そんな二人の様子を、建物の影から写真に収めていたのが、さやかだ・・・。

さやかはその写真でミサを脅し、一樹の嫁で妊娠中の美奈子を階段から突き落とせと命令。

さもなくば、一樹とミサが抱き合っている写真を婚約者に送るというのだ。

さやかには捨てるものはなにもないが、ミサには守りたいものがあった。

仕方なく言われたとおりに美奈子を駅の階段から突き落として・・・!!

ヲタ美
ヲタ美
あのシーンのさやかの行動と表情にゾットしたわ・・・そして彼女はただ一樹を手に入れたいメンヘラというわけではなく、負の意思を持っていることもはっきりわかってくるの

一樹は一樹で、さやかが周りからいろいろと根回ししていることをだんだん察するようになる。

そして、彼女のこれまでやってきたことが徐々に明かされ、さやかに対して不信感が募ってくるのだ。

不信感が募っているのは一樹だけではない。その娘も、出会ったばかりの頃は「さやかちゃ〜ん」と慕っていたが、さやかが美奈子を突き落としてから態度を変える。(もちろん、娘はその現場を見たわけではない)

もしかしたら、この状況を居間一番感じ取っているのはこの子かもしれない・・・これからのキーマンになる可能性が予測できる。

一樹の心境が変わっていく中、もちろんそれをさやかが感じないわけがない。

そして、次の一手を打つため、また影から罠を張り根回しするのだった。

〜49話まで

感想

この漫画を読み始めた時、最初は「ダタのメンヘラ女と馬鹿な男の不倫物か・・・」と正直軽く見ていました。

ちょっと話題だから読んでみよう、それくらいの気持ちだったのです。

しかし、読み勧めていくうちにストーリーにたくさんのキャラが関わり、それぞれの人生と過去と思いが交差していきます。

見どころは、さやかが仕掛けた罠。

この罠がどのように展開していくのか、というところで「あ!そうなるんだ!これ狙ってたの?」と、ひぃぃぃぃ!ってなります(笑)

しかし、怖いという思いと同時に「凄い」と思っちゃったり。

ストーリーに深みが増してきたなと感じます。

後は、馬鹿な一樹が更生していくのか、それともこのまま深みにハマって落ちていくのか・・・作者さんがどっちに持っていくのかみものです。

読み進めるほどに展開が面白くなる「骨の髄まで私に尽くせ」

火曜サスペンスや昼ドラが好きなら好きな可能性高いですね(笑)

是非一度読んでみてください。