雑学

ハラミ会とは女性差別?元ネタの漫画や世間の評判もチェック

最近話題になっているハラミ会とは、「あえて女性を参加させない」飲み会のことです。

つまり、女子会の男子バージョンみたいな感じですね。

男子会と聞くと、「あ〜なるほど、そういうのもあっていいよね」と思うかもあしれませんが、世間ではこのハラミ会がすごく話題となっています。

確かに、女性を省いて飲み会を行うハラミ会・・・見方を変えれば女性を差別しているようにも見えますし、その飲み会自体がハラスメント!と言っているわけです。

  • ハラミ会って女性差別なの?
  • 元ネタの漫画もあるみたいだけど詳しく知りたい!
  • 世間ではどう思われているのか気になる

ニュースになるほど騒がれているハラミ会、今回はこのハラミ会についてご紹介していきます。

ハラミ会ってどういう飲み会?

まずは、この「ハラミ会」という言葉、この言葉には一体どういう意味が込められているのでしょう。

ハラスメントを然に防ぐ

この言葉をとってハラミ会という言葉になりました。

女性と男性が一緒に飲みの場にいることで起こってしまうことがある「ハラスメント」、これをなくすには、そういう場をなくすことが有効的!という考え方から話題になっています。

実際に裁判沙汰が多いアメリカでは、飲み会だけにとどまらず、ハラスメントを未然に防ぐ対策がいくつかされています。

USAのブルームバーグニュース番組の中で30人前後の上級幹部にハラスメントのことについてインタビューを行いました。

すると、ハラスメントを予防するためにこのようなルールが設けられている事がわかったのです。

  • 「女性の同僚と食事をするな」
  • 「飛行機で隣に座るな」
  • 「ホテルの部屋は違う階に」
  • 「1対1で会うな」

これらのルールはハラスメントで問題になる場面を想定されていますね。

その環境に身を置かないよう、このようなルールを作ることでハラスメント問題をクリアしようとしている実際になる活動です。

ハラミ会はそんなルールの中の1つ、「女性の同僚と食事をするな」に該当します。

では、このハラミ会はそんなアメリカのルールから来たのでしょうか?

いいえ、実はこのハラミ会という言葉には元ネタの漫画があり、アメリカのそんなハラスメント対策からきたわけではないのです。

元ネタは漫画だった?!

ハラミ会は 瀧波ユカリさんの漫画『モトカレマニア』に登場する飲み会からきています。

言葉の使い方だったり、主人公のツッコミだったり、キレッキレな漫画で笑わせてくれます。

この漫画「モトカレマニア」の1巻がハラミ会の原点なのです!

「モトカレマニア」の口コミも調べてみました。色々と面白い評価が出ていますよ。

とにかく出てくるキーワードが面白いのばかり!そして、ぐさっとくるようなシーンも・・・コレを人生の教科書にしてみませんか?(笑)

気になる漫画を買ったら早く読みたいですよね!その気持ちすごくわかります。

私は携帯に漫画を入れて、好きな時間に読んでいますよ。

ソッチのほうが買う時間もいらないし、持ち運びや手間もかからないですしね、(そして何より安い!w)

すごく主人公に共感している人も!こういうのを見ると、あの人気金曜ドラマの「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです(結婚できしな)」をなんとなく思い出しますよね。

人気が高い漫画で出た「ハラミ会」だからこそこんなに広がったのです。

しかし、この広がりを見て、作者の瀧波さんは「ハラミ会はフィクション」と主張しています。つまり、このネタをアメリカで実際にあるルール空取ったわけではなく、完全にフィクションだというのです。

フィクションであるハラミ会ですが、それを有効と感じている人もいれば、ハラスメントだ!女性差別だ!と感じている人もいます。

私はこのネタを知った時に、「男性が同性だけで飲むのは別に悪いことではないし、女性だって女子会をするじゃないか」って感じたんですよね。

昔、私の会社にも、女性は入れてはいけない男子会なるものがありましたし、男子旅もあって「女性は参加できない」条件でした。

差別という思いはありませんでしたが、それはそれで寂しいなとか、参加したいなという思いはありました、しかし男性は男性同士だから見せれる姿もということは理解しているつもりです。

ただ、このハラミ会で問題なのは、その本質に関係あります

このハラミ会は「ハラスメントを未然に防ぐ会」です。

つまり、女性とは飲みに行かない主義のこと!漫画内でも、主人公はハラミ会の方に「我々は一般女性の方とはのみません」ときっぱり断られています。

1回だけ男子会をする

ではなく・・・

女性とは基本飲みに行かない!

ということなのです。

さすがにここまでしちゃうと否定派が出てくる理由もわかりますね。

会社の飲み会でも、「女性はずっと飲み会に誘われない」という状況はいかがなものかと思っちゃいます。

女子会みたいに男子だけで騒ぎたい!みたいな感じなら良いんですけどね〜。

では、世間はこのハラミ会をどのようにみているのでしょうか。

世間の評判もチェック

では、世間のハラミ会に対する評判をチェックしていきましょう。

まずは賛成派の意見から観ていきましょう。

賛成の声をまとめると

  • 今は飲み会に誘っただけでハラスメントと言われてしまう時代
  • 先輩という立場を利用し断りにくい新人に飲み会を「強要」したと判断されることも
  • 女性がいると男性はビクビクしながら飲まないといけなくなる(のびのびできない)
  • 逃避にはなるが、その自由があったっていいじゃないか
  • 女子会はあるのに男子会に当たるハラミ会はなぜダメなのか

言っていることはすごくわかる!

こんなご時世です、男性自身も実を守る必要があります。

男子会をする自由を持つのは良いことです。徹底的に女子は排除!ダメ!なんてことにならなければ(漫画では徹底的にダメと表現されている)このハラミ会もやって良いのではないでしょうか。

 

では、反対の意見も見てみましょう。

反対の意見をまとめると

  • ハラミ会という言い方がダメ(女性が悪く聞こえる)
  • ハラスメントは同性でも起こりうる事、女性を省く理由にならない

ん〜言わんとすることはわかりますが、私は賛成派と反対派の中に認識の違いみたいなものを感じます。

賛成派は、ハラスメントを避ける意味で賛成という方も多いですが、別に絶対に女子を入れたくない!と思っているわけではなく、女子会があるんだから、男性が怯えることなく馬鹿できる男子会があってもいいじゃないかと捉えています。

→男子会があってもいいじゃないという軽い感じ

反対派は、男性が女性を入れないなんて差別だし、その発想が幼稚と思っている。

→絶対に女性は飲み会に誘わないという意味で捉えている

まずここに差があるのではないかと感じます。

私は男子会ならOKだしそれは自由だと感じます。

女性を誘ってハラスメントになることがあるというなら、男子会以外の時に女性に一度声かけといて、あちらから行きたいと言ってきたら一緒に飲んでも良いのではないでしょうか?

でも、そうしたら「ひと声かけてもらったのにいかなかったらKYと思われちゃう」「声かけたのに来ないってことは、嫌なのかな?」とまた新たな問題が生まれる気が・・・みんな真面目すぎるんですよ!もっとラフに生きていこうよ(笑)!

まとめ

今回はラフに生きていこう・・・ではなく、ハラミ会のことについてまとめました。

ハラミ会を「男子会」と思えば問題解決なのでは?と思いましたけど・・・あなたはハラミ会に賛成派ですか?反対派ですか?

ハラミ会とは「ハラスメントを未然に防ぐ会」という意味で、今の御時世だからこそ、男性はある意味防衛しないといけない問題が明らかになりましたので、そちらにも少し目を向けてあげるべきなのかもしれませんね。