映画・ドラマ

ドラゴンボールブロリーの挿入歌の曲名や歌手は?レフリーみたいでかっこいい!

映画「ドラゴンボール超ブロリー」はもう観ましたか?

あの演出、凄く良かったですよね!絵もきれいでしたし(一部を除く笑)とにかく見ごたえがありました!

そして1番の注目である「戦闘シーン」

そこで流れるレフリーのような挿入歌がかっこいいんです!!

  • 「GO!GO!ブロリー!」
  • 「カカカカカカカロ〜ット」

その曲を聞いて最初はビックリしましたが(ちょっと笑ってしまった)、聞いていると、その挿入歌はレフリーみたいでかっこいいんです!

今回はその気になる曲のタイトルや歌手についてご紹介いたします!

挿入歌の曲名は?

「かめはめ波ブラストオーーー!GOブロリーGOGO!!GOブロリーGOGO!!」

「ゴジータ!ゴジータ!ゴジータ!カモンブロリー!カモンブロリー!」

トチ狂ったように歌うその挿入歌はいったい誰の曲なのでしょうか?なんかちょっと癖になってしまいます。もう一度聞きたい!(笑)

作曲家のドラゴンボールへの熱い想いが伝わってくるようです!

挿入歌があんなに主張しているのにもかかわらず、曲名が公式で発表されていません

だた、音楽を担当したのが「住友 紀人(すみとも のりひと)」という方で、その方がこの挿入歌を作ったのではないかと考えられます。

  • 住友 紀人(すみとも のりひと)
  • 生年月日:1964年2月27日
  • 年齢:54歳(2018年)
  • 出身地:徳島県小松島市
  • 学歴:バークリー音楽大学
  • ジャンル:劇伴
  • 職業:作曲家、編曲家
  • 活動期間:2000年

住友さんは映画やドラマなど幅広い楽曲を手がける作曲家で、これまでこれまで数々のドラゴンボールシリーズの作曲に携わってきました。

  • TVアニメ『ドラゴンボール改』魔人ブウ編
  • 『ドラゴンボール超』
  • 映画『ドラゴンボールZ 神と神』
  • 『ドラゴンボールZ 復活の「F」』
  • 『ドラゴンボール超 ブロリー』

ドラゴンボール改・超とか関わってきていたんですね!すごくドラゴンボールと関わりが深いことがわかります。

また、ドラゴンボール超ブロリーの楽曲を担当したことについて、インタビューを受けていました。

(楽曲に関わっていた)『ドラゴンボール超』のTVシリーズが終わってしまった直後で「これでもう終わっちゃうのかな」と思っていたので、まだ続いていくことが嬉しかったですね。

脚本や絵コンテを穴が開くくらい凝視しながら、その場で発想を膨らませるんです。

監督が「こういうシーンでこういう曲」と言ってくれたときに、「自分が過去に書いたあの曲風だけど、ここでちょっと変える」というような発想を、1曲ずつメモっていくんです。発想ができないシーンが問題で、そういうシーンはその場で監督に質問するんですよ。

例えば悲しいシーンひとつとっても、「どのくらい悲しいんですか?」とか、ブロリーが精神的に変化していく場面は、「どこまで音楽で表現すべきですか?」というような感じで、細かく丁寧に進めましたね。

後半は特に、格闘曲ばかりといっても過言ではない中で、どういう風に差別化していけばいいのかというのが課題でした。

似たような曲だと飽きてしまうし、かといって全く違う曲ばかりを書いても統一性がなくなってしまう。しかも中盤からどんどん激しい格闘曲を要求されていくと、中盤からずっと天井につきっぱなしなんですよね(笑)。

僕が悪戦苦闘するのをわかっていらっしゃるから、監督さんも一緒になって考えてくださいました。

オーケストラを用いた格闘曲とは別に、例えば歌や声を他用した応援歌のような曲とか。どうやって書きやすくしてあげようという監督から僕への愛情ですね。

「こんなのどうですか?」と、色々提案していただいて、非常に助けられました。

映画の楽曲全体を通して担当されていたのですね!

最初からストーリーを見ながら、計算して曲を作っています。

インタビューでもとにかく丁寧に勧めたと言われています。

そして、注目の戦闘シーンの曲についてはこう語っています。

しかも中盤からどんどん激しい格闘曲を要求されていくと、中盤からずっと天井につきっぱなしなんですよね(笑)

確かに!天井に点きっぱなしでした!!(笑)本当に一度聞いたら忘れられない!

あぁ〜、もう一回聞きたいな〜

サウンドCDを待つしか無いか

周りの評価は?

凄い反響!観ていて絶対に気になる曲でしたもんね。

私も最初はビックリしましたが、途中からノッてきた〜〜〜!ってなりましたもん!きっと住友さんもそんな気持ちでこの楽曲の制作にあたっていたのでしょうね。

まとめ

楽曲を担当した方がわかりましたが、曲名まではわからず・・・サウンドトラックが出た時にそのタイトルが分かることでしょう。

今回はドラゴンボールの作曲をずっと担当していた住友さんが手がけました。

手に塩かけた楽曲が、映画を支えているって、どんな気持ちなのでしょうね?私なら興奮で胸が張り裂けそうになりそうw

また歌っている方の情報が出ましたら追記していきます。